タイプ1「完璧主義者」

タイプ1「完璧主義者」の画像

タイプ1「完璧主義者」の特徴

エニアグラムのタイプ1は、完璧主義者であり、高い自制心と責任感を持ち、真面目に物事に取り組む特徴があります。目標達成に向けて努力を惜しまず、公平で合理的な判断ができ、リーダーシップを発揮することができます。 計画性があり、几帳面で物事を進めるのが得意ですが、一方で完璧主義が行き過ぎると、自分自身や周りを苦しめることがあります。また、他人にも高い基準を求めるため、人のミスに厳しい側面を持つこともあります。周囲とのコミュニケーションに注意し、独りよがりにならないよう気を付けることが重要です。

完璧主義者
真面目で正義感が強い
責任感が強すぎる
ちょっぴり頑固
几帳面で時間に厳しい

この診断は以下のボタンから診断できます!

診断ページへ

\シェア用のコピペテキスト/

もう一度診断する

タイプ1の長所

エニアグラムタイプ1の長所は、その高い基準と公平性にあります。理想を追い求め、常に最善を尽くすため、多くの場面で信頼される存在です。以下に、タイプ1の主な長所は以下の通りです

    タイプ1の長所の例
  • 厳格な自己規律と誠実さ
  • 細部への注意深さと几帳面さ
  • 目標達成に対する強い意志
  • 公平で客観的な判断力
  • 責任感が強く、信頼性が高い
  • 高い倫理観と正義感
  • 問題解決に対する熱心な取り組み姿勢

タイプ1の短所

エニアグラムタイプ1の短所は、完璧主義が過剰になることにあるところです。この性質は、自己や他人への過度な期待と厳しさにつながることがあり、ストレスや人間関係の問題を引き起こす可能性があります。以下がタイプ1の主な短所です

    タイプ1の短所の例
  • 完璧主義が過ぎる傾向
  • 自己や他人への厳しい基準
  • 柔軟性の欠如と頑固さ
  • 過度な批判的思考
  • ストレスやイライラの蓄積
  • 他人のミスへの過敏な反応
  • 感情を抑え込む傾向

タイプ1の適職、向いている仕事

エニアグラムタイプ1の人々は、厳密さ、計画性、正義感を活かせる職業に適しています。細部に気を配り、公正な判断を下す能力があるため、法律や管理職などの分野で力を発揮することが多いです。また、高い倫理観と責任感は、公共の福祉や安全に関わる仕事にも適しています。

    タイプ1に向いている職場や仕事の特徴
  • 精密さを要求される職場
  • 規則や規範がはっきりしている環境
  • 公正さや倫理が重視される分野
  • リーダーシップを発揮できる職種
  • 企画や管理に関わる仕事
  • 長期的な目標達成が求められる業務
  • 高い自己規律を必要とする職場
    タイプ1に向いている職業の例
  • 法律家
  • 会計士
  • 教育者
  • 管理職
  • 品質管理担当者
  • 環境コンサルタント
  • 公衆衛生の専門家

タイプ1に向いていない仕事、職場

エニアグラムタイプ1の人々は、細部にこだわり、計画性があり、順序立てて物事を進める性質を持っています。このため、創造性や即興性を要求される職業、ルールがあいまいな環境、または常に変化する業務はタイプ1には向いていない可能性が高いです。

    向いていない職場や仕事の特徴
  • 創造性や即興性が求められる環境
  • 規則や構造が不明確
  • 頻繁に変化する業務内容
  • 緊張感や競争が強い職場
  • 細部より全体像を重視する業務
  • 非体系的な作業プロセス
  • 感情的な対応が必要な状況
    向いていない職業の例
  • 広告クリエイター
  • スタートアップ企業の創業者
  • アーティスト
  • イベントプランナー
  • 売り場のデザイナー
  • PRコンサルタント
  • フリーランスのライター

タイプ1の恋愛について

タイプ1の人々は、恋愛においても自己規律と正義感を重視します。タイプ1はパートナーに対して忠実で誠実であり、関係の安定性と信頼を大切にします。ただし、完璧主義の傾向が強いため、パートナーの小さな過ちにも厳しくなりがちです。感情的なコミュニケーションや相手の欠点を受け入れる柔軟さを持つことで、より充実した恋愛が期待できます。エニアグラムタイプ1の人々は、恋愛においても正義感と誠実さを発揮し、安定した関係を築くことができますが、パートナーへの理解と寛容さを持つことが大切です。

タイプ1の囚われ「怒り」

タイプ1の囚われは"怒り"とも表現されます。これは、タイプ1の高い理想や自己基準に囚われることで、自分自身や他人に対して過度な厳しさ、怒りをもって接してしまう状態を指します。この囚われにより、タイプ1の人々はストレスを感じやすくなり、柔軟な思考や寛容さを失いがちです。しかし、この囚われから抜け出すことで、タイプ1はよりバランスの取れた視点を持つことができ、自分自身と周りの人々に対してより理解深くなることができます。

タイプ1の健全度が「健全」な時の特徴

健全な状態では、タイプ1は自己制御とバランスが取れ、公正で理想主義的です。タイプ1は状況を客観的に見て、柔軟な思考と寛容さを持ちます。この状態では、タイプ1の正義感が建設的な方法で表現されます。

タイプ1の健全度が「通常」な時の特徴

通常の状態では、タイプ1はまだ高い基準を持ちますが、完璧主義の傾向が強くなります。タイプ1は自己と他者に対して厳しく、間違いに対する耐容性が低くなります。この段階では、ストレスが増すと柔軟性が失われます。

タイプ1の健全度が「不健全」な時の特徴

不健全な状態では、タイプ1は過度の完璧主義と批判的な態度に囚われます。タイプ1は他人のミスに対して過敏になり、自己の価値観に執着します。この状態は、強いストレスや不満感を引き起こし、人間関係にも影響を与えます。

1w9(理想主義者)の特徴

タイプ1w9の特徴は、タイプ9が平和を重んじ、対立を避ける傾向にあることです。タイプ9は調和を保つことに焦点を当て、他人との良好な関係を維持することを重視します。このウイングを持つタイプ1は、より柔軟性があり、ストレス状況下でも冷静さを保ちやすい特徴があります。

1w2(擁護者)の特徴

タイプ1w2の特徴は、通常のタイプ1と比べると、他人への援助とサポートに注力することです。タイプ2は他人のニーズに敏感で、積極的に人々を助けようとします。このウイングを持つタイプ1は、感情的な理解と共感性が高く、対人関係での積極的な参加を重視します。

この診断をした人にオススメの診断はコチラ✨

この診断を作成した人

ISSA(中島一茶)

POBA運営/監修者

2018年からユング心理学を中心に活動を開始、主に性格診断のサイトへの記事寄稿や個別でのタイピングを実施。また超大手の事業者向けに性格診断とアルゴリズムを提供し、国内数百万人以上のユーザーに診断テストを提供した実績を持つ

※フォローもよろしくお願いします🙇

x logo

フォローする